仕事中に眠ってしまう同僚の話

私が以前勤めていた職場での話です。

それまでの私は接客や販売の仕事が長かったので、ほとんどが立ちっぱなしだったり、話っぱなしだったので仕事中に寝る人なんて見た事がありませんでした。

しかし、デスクワークが中心の仕事に転職した時、中年女性の割合が非常に高かったのが印象的でした。

定年が65才になった事で還暦の人もチラホラいました。

30代の私は若手として扱われていたのが面白かったくらい。

退職者が増えてしまったことで、求人を出したところ入社してくるのは20代がメインになって一気に若手が増えてしまい私は中堅の立場に成り下がってしまったのはショックでしたが、ゆとり世代は自由過ぎて疲れましたね。

仕事を覚えない、人の話を聞かない、言われた仕事をしない。なんだろうこの生物は?ってくらい驚きました。

まぁ。みんなはお母さんくらいの年なので根気よく教えていましたが、漢字の読み書きから教えるという義務教育が始まった時は正直引きました。

それよりも衝撃だったのが還暦チーム。

物忘れが激しくて、忘れ物も多くて、おっちょこちょいで笑っていられるうちは良かったのですが、会議の内容が理解できないからと言ってはボイスレコーダーを持ち込んだり、上司の言っている意味が分からないと言ってはマイルールを作りだしたりとそれはそれで大変でした。

会議中とか研修会に行って、映像を見させられている間にウトウトしてしまうくらいなら理解できるのですが、還暦チームがガッチリ眠るんです。

注意できるのがキャラ的に私しかいなかったので、隣に座らせられていました。

一番驚いたのはパソコンの前で眠っていること。キーボードの音ってある程度聞こえるじゃないですか?

なのに、なんか聞こえなくなったなぁと見ると還暦さん寝てる!

仕事中ですけど!ってビックリします。

来客からも丸見えなので、是非とも寝るのはやめていただきたいものです。

その還暦さん、仕事中にツムツムもしているらしく自由だなぁって感心しちゃいます。

仕事に迷彩柄の洋服を着て来るくらいなので仕方ないのかもしれないですけど。

この記事へのコメント