積ん読本が詰んでしまった

もはや限界であった。積ん読本が詰んでしまった。どうしたわけか予約した本が一斉に満期(違)になり、どっとばかりに押し寄せて来たのだ。たちまち貸出限度数を越えてどんどん積み上がるばかり。いや図書館に。 つまり今借りている本を何としてでも返さなければならないわけで、私も必死で頑張ったのだが敵勢力があまりにも膨大であった。しかも一冊一冊が厚くて文字が小さいのだ。どうしようもなくなった私は…

続きを読む